Bioshifter

by Supercozi

supported by
Gregg Hermetech
Gregg Hermetech thumbnail
Gregg Hermetech Fantastic diversity of downtempo styles, I love the more "Pop" tracks the most, particularly Bioshifter! Favorite track: Bioshifter ( feat.Puck ).
Interchill
Interchill thumbnail
Interchill Bioshifter combines solid beats with memorable melodies and an elegant dreaminess. Great production and an interesting listening flow.
/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      $8 USD  or more

     

1.
08:04
2.
3.
4.
5.
06:55
6.
7.
05:30
8.
9.

about

' Bioshifter ' is 3rd album by Japanese producer Supercozi. Harvested from 5 years of hard work and never- ending experimentation in her tiny studio in Bali, and infused with the spirit of the mystical island with it's strong Hindu / Animism culture.

Album opener is a lyrical Techno tune : ' Melt ' which layers of bells and delicate synth sounds gently building the emotional tension. In contrast the title track ' Bioshifter ' and ' Dennis Hopper ' are Glitchy Electronica with strong melody lines. Two cosmic chill tunes ' Nebula To Nebula' ( featuring Herbie Hancock style e-piano by Bulgarian producer Martin Denev ) and ' Feels Like Yesterday ' represents the feminine side of the album.
For those who loves psychedelic down tempo groovers : ' Owl In Me ' and ' D.I.V.E ' are well crafted fusion of Bass Music and dub-tronica.
Then of course ' four-on-the -floor' Tech-house tunes polish it off : ' Bad Ass Paradise ' and ' Born Lickers ' .. From Dance to Chill all in one serve.

4 of the 9 tracks feature guest vocals : Sophie Barker from Zero7 ( Feels Like Yesterday ), Dutch singer/ DJ Puck ( Bioshifter, Dennis Hopper ), and MC Reason ( D.I.V.E ) who collaborating with her since second album. By having their voices, strong melody lines are beautifully emerging from the triply soundscapes.
        
The Album title ' Bioshifter ' is a neologism by her, meaning biological mutation or accreted evolutionary process. Since the album is dropped exactly 10 years later from the first album, it perfectly describes her strong desire for the transformation as an artist, and this album pins her down as one of the electronic producers from Japan in the global music scene.

’バイオシフター’は日本人プロデューサーSupercoziによる5年ぶり、3枚目のアルバムだ。
彼女と夫でありサイトランス界の黎明期より活動するプロデューサー、ガス・ティルによるトランス・ユニット、ゼン・レモネードが’サイケデリック’というキーワードを重視しているのに対し、ソロ名義では2005年リリースの’ラグジュリー・アディクト’以来テクノ、ダブ、ベースミュージックにハウス、グリッチまたはエクレクティックなチルまで縦横無断にジャンルをクロスオーバーしながら独自の実験的なエレクトロニック音楽を追求し続けてきた。そしてそのスタイルはこのアルバムをもって劇的な昇華を遂げたといえるだろう。


叙情的なテクノ’Melt’で幕をあけるアルバムは、グリッチにハウスの要素を融合させたタイトルトラック’Bioshifter’に’Dennis Hopper’、コズミックなチルアウト’Nebula to Nebula’(ブルガリアのプロデューサー、マーティン・デネブによるハービーハンコック風のピアノが’印象的)、’Feels Like Yesterday’、往年のThe Orbを彷彿とさせるようなサイケデリック・ベースミュージック’D.I.V.E’に’Owl in Me’、そしてテックハウス’Bad Ass Paradise’’Born Lickers’まで絶妙なバランスで展開していく。
           
ひとすじ縄ではいかないリズムの上に、アトモスフェリックなシンセの音を絵を描くように幾重にも配置させることにより出現するトリッピーなサウンドスケープ。その手法は前回のアルバムより格段に円熟味を増している。
またアルバム9曲中4曲にゲストヴォーカルがフューチャリングされており、イギリスの人気バンド、ゼロセブンのソフィー・バーカー、オランダのパック、また彼女の2枚目のアルバムでもコラボしているサンフランシスコのMCリーズンらによる歌声が、ムーディーでアブストラクトな音空間の中で耳に残るメロディーラインを存分に引き立てている。


’バイオシフター’というタイトルは彼女による造語で、バイオロジカルなシフト、’つまり’突然変異’や’加速していく進化のプロセス’を意味するのだという。Supercozi名義で発表されたファーストアルバムから丸10年目の今年5月にドロップされるこのアルバムにおいて、彼女はグローバルに認識されている数少ない日本人エレクトロニック音楽プロデューサーとしての立ち位置と、止まることなく進化し続けていくという意思というふたつのテーマを同時に見事に表現してみせたと言えるだろう。

credits

released April 24, 2015

All songs written & Produced by Supercozi
Final Mix by Gus Till
Mastering by Gregg Hermetech Mastering
hermetechmastering.com

tags

license

all rights reserved

about

Supercozi Japan

Visit & Like : www.facebook.com/supercozi

Supercozi is a Japanese electronic artist / DJ, also a behalf of Electronic unit Zen Lemonade.
She creates alternative & experimental Electronica, Chillout, Techno, Progressive, Glitch-Hop, Dub, Psychill, Ambient with twist and psychedelic texture.
She occasionally feature guest vocalists / MC.
She is also a founder of Hypo=espresso Records.
... more

contact / help

Contact Supercozi

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Redeem code

Track Name: Bioshifter ( feat.Puck )
Bioshifter

Night of owl , The moon is waxing
I feel in my cell , Something is morphing
Dice is keep rolling into the vague future
I branched out myself to be fully nourished

Some of us will fade away
Selected by nature
Re-writting the code in my genes
It's my bioshifter

Love in the fumes , Our lips are burning
Your soul on my palm , Slowly it's morphing
Odds keep changing into the wild future
I bet on myself to be fully nourished

Everything must go through
Transformation
Reprogramming the code in my genes
It's my bioshifter

Let me melt this door , It's my bioshifter tonight
It's so inevitable , It's my bioshifter begin
Let me through this door , It's my bioshifter tonight
It's so inevitable , It's my bioshifter begin


バイオシフター

フクロウが司る夜、月は満ちている
私の細胞の中で、何かが変化しているのを感じてる
サイコロは不透明な未来へと転がってくわ
そして私は滋養されるために枝葉を伸ばす


私たちのうち誰かは消えていくでしょう
自然淘汰の法則にのっとって
遺伝子のコードを書きかえているのよ
これが私のバイオシフター


蒸気とガスの中で愛し合う
唇は燃え上がる
あなたの魂は私の手のひらのうえで
ゆっくりとかたちを変えはじめる
確率なんてものはワイルドな未来へ向けて
いくらでも変わっていくものよ
そして私は滋養されるほうへ自分を賭ける


すべてのものは変容しなければならない
自分の遺伝子のコードをプログラミングし直してるの
これが私のバイオシフターだから


このドアを溶かしてしまおう
今夜が私のバイオシフターになる
これはもう避けられないの
今夜、私のバイオシフターがはじまる
このドアを通り抜けさせてよ
今夜が私のバイオシフターなんだから
これはもう避けられないの
今夜、私のバイオシフターがはじまる

Lyric by Supercozi
Track Name: Dennis Hopper ( feat.Puck )
Dennis Hopper

I haven't slept for 3 days in a row
Don't ask me what have I been craving for, craving for
Acid High , Like a strawberry pie
Uninhibited behavior
Easy Ride, Drinking grasshopper
You are the last one to go insane

Velvet lies shinning in the night
Don't let anyone ever take your soul
I can deal like Dennis Hopper
Just ignore them with smile on my face


Why don't you come with me to get lost, to let it go
We are the stars, Running through the cosmos
There will be no one to shoot us down

Faked one, They just come and go
Don't let anyone decide who you are
I can deal like Dennis Hopper
Just ignore them with smile on my face


デニス・ホッパー

もう3日も寝てない
なにが本当にやりたいんだなんて聞かないでよ
アシッドでハイになる
ストロベリー・パイみたいに
イージーに飛び乗って、グラスホッパーを飲んでる
最後に気が狂うのはあなたよね

ベルベットみたいな嘘
夜中にキラキラ光ってる
自分の魂は誰にもあげちゃダメだよ
デニス・ホッパーみたいにやり過ごせば
微笑みながら無視してね


私と一緒に迷子になるために出かけようよ
なるようになればいい
私たちって星だよね
銀河を走り抜ける
誰も私たちを撃ち落とすことなんてできない


ニセモノはいつも来ては去って行く
誰にも君が誰かなんて定義させちゃだめ
デニス・ホッパーみたいにやりすごせるもん
微笑みながら無視すればいい


By Supercozi
Track Name: Feels Like Yesterday ( feat.Sophie Barker )
Feels Like Yesterday


Walk down to the garden path
Summer in the air
Swaying lavender
Oh baby I'm thinking of you

Danced like two black sheeps
Acid in the air
Running around to find answer
And suddenly your time was up


Blue Sky , Life isn't a farce
Flared Sky , That what he say
Feels Like Yesterday
Feels Like Yesterday


I don't think you want to know
What's going on in the crazy world
Blue blood & crown with disdain
Your whistle rusting in the wind


Blue Sky , Life isn't a farce
Flared Sky , That what we say
Feels Like Yesterday
Feels Like Yesterday


まるで昨日のことみたい


庭へつづく小道を歩いてく
夏が空気のなかに満ちている
風に揺れているラヴェンダー
ベイビー、あなたのこと考えてるわ


2匹の黒い羊のように踊ったよね
空気の中にアシッドを感じながら
答えを見つけたくて走り回って
突然、あなたは時間切れになってしまった


青い空、人生は茶番なんかじゃない
燃え上がる空のしたで、彼はそう言ったの
まるで昨日のことみたい
まるで昨日のことみたい


狂った世界で何が起きてるかなんて
たぶんあなたは知りたくもないんじゃない
高貴な血と軽蔑のこもった王冠
あなたの吹いた警笛は
風のなかで錆びていく


青い空、人生は茶番なんかじゃない
燃え上がる空のしたで、わたしたちそう言ったよね
まるで昨日のことみたい
まるで昨日のことみたい


Lyric By Supercozi